【Chrome】iPhoneで閲覧中のWebページをPCで見る方法

困っている人
困っている人

iPhoneで見ているWebページをパソコンの大きい画面で見たい。

スマホでWebページを見ていると、こう思うことが多いと思います。

でも、一時的にしか見ないページをブックマークしたりURLをコピーしたりするのは面倒です。

そこで今回は、Google Chromeのお使いのデバイスに送信という機能を使って閲覧中のページをiPhoneからWindows PCへ送って共有する方法を説明します。

本記事の内容
  • iPhoneで見ているWebページをWindows PCで見る方法
  • Google Chromeを使ってデバイス間でページを共有する方法

iPhone、PCで同期していることが前提

まず、Chromeにログインして複数のデバイス間での同期を有効にする必要があります。

すでに有効になっているときは必要ありません。

iPhoneでChromeの同期を有効にする

iPhoneのGoogle Chromeを開いて、右上のアイコンをタップします。

「同期とGoogleサービス」が開いたら、「Chromeのデータを同期する」をオンにします。

PCでChromeの同期を有効にする

PCでGoogle Chromeを開いて、右上のアイコンをクリックすると同期を有効にすることができます。

iPhoneから他のデバイスへ共有する方法

PCに共有したいページをChromeで開いたら、右上の上矢印のアイコンをタップします。

「お使いのデバイスに送信」というメニューがあるので、送りたいデバイスを選択して押すだけです。

iPadのChromeを開いても同じように送信できます。

もしもページが共有されないときは

PCの通知がOFFになっている

Windowsの設定でChromeの通知がOFFになっているかもしれません。

「設定」→「システム」→「通知とアクション」→「Google Chrome」と進んで通知がONになっているか確認するとよいかもしれません。

検索からたどることもできます

Chromeを開くとページが共有される

PCでChromeのブラウザを開いた(開いている)ときに通知が送られてきます。

開いていないときは通知は来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA