楽天モバイルとmineoでデュアルSIMを活用する設定【iPhone】

こんにちは。

楽天モバイルの無料期間が終わってしまったので、データ通信のために新しく格安SIMを組み合わせて、デュアルSIMを活用することにしました。

iPhone XRは楽天モバイルのeSIMに対応しているので、

  • 楽天モバイルのeSIMで月1GBまでに通信量を抑えて無料に
  • 別の格安SIMで通信料を節約

することにしました。

いろいろなキャリアを見てみましたが、mineo(マイネオ)のデータ専用SIMを使ってみることにしました。

すでに楽天モバイルはeSIMに変更しているので、

楽天モバイルでnanoSIMからeSIMへ変更してみた【iPhone】

mineoのSIMカードをiPhoneに挿して設定していきます。

初期設定ですが、今後機種変更の時にも参考にしようとまとめました。

本記事の内容
  • 楽天モバイルとmineoのデュアルSIM設定

必要な設定

SIMカードと一緒にご利用ガイドの冊子も入っています。

使っている端末やプランによって必要な設定は変わりますが、今回はデータ通信のみのSIMなので

  1. SIMカードの取り付け
  2. ネットワーク設定
  3. メール設定

の3つを行えばOKです。

SIMカード取り付け

SIMカードを差し込むと、「モバイル通信プランを追加」が自動的に出てきました。

流れに沿って、設定していきます。

モバイル通信プランが検出されるので、「続ける」を選択
モバイル通信プランの名称を変更し、「続ける」を選択

楽天モバイル回線を主回線、mineoを副回線としていますが、その逆のどちらでもよいと思います。

デフォルト回線を楽天モバイル回線にして、「続ける」を選択

電話の発信は楽天モバイルで行います。

iMessageとFaceTimeに使用するSIMを選び、「続ける」を選択

iMessageもFaceTimeも使っていないのでどちらでもよいかと思いましたが、楽天の回線にしておきました。

モバイル通信のデフォルト回線をmineoの回線にして、「完了」を選択

モバイル通信をmineoで行うように設定します。楽天モバイルの回線でデータ通信しないように、「モバイルデータ通信の切替を許可」はオフにしてもよいかもしれません。

設定を変更する時は、「設定」アプリ内の「モバイル通信」から変更します。

ネットワーク設定

SIMカードを入れただけではインターネットを利用できません。

プロファイルをインストールしてネットワーク設定をする必要があります。

safariでhttps://mineo.jp/r/a/apn/へアクセスする

ページにアクセスするとダウンロードするか選択肢が出てくるので、許可します。

Safariでアクセスする

ページにアクセスするときはSafariでアクセスしないとうまくダウンロードができませんでした。QRコード読み取りの場合もSafariで開く必要があると思われます。

iPhoneを選択する

iPhoneのみの場合は選択肢が出てこないかもしれません。

「設定」からプロファイルをインストール

「プロファイルがダウンロード済み」と出ているので、インストールしていきます。

パスコードを入力し、インストールを完了させる

流れに沿って、インストールを完了させます。

メールアカウント設定

メールは使わないだろうし設定しなくてもよいかと思っていたら、重要なお知らせは@mineo.jpへ送信するので必ず設定して下さいと書かれていたので、設定していきます。

Safariでhttps://mineo.jp/r/guide/ios_mail.htmlにアクセスして、プロファイルをダウンロード、インストールしていくというのは、ネットワーク設定の場合とほぼ同じです。

「フルネームの入力」で設定した名前がメールの差出人名になるようです。

Safariでhttps://mineo.jp/r/guide/ios_mail.htmlにアクセスして、プロファイルをダウンロードする

マイページにログインするとプロファイルをダウンロードするか問われるので、許可を選択します。

「設定」を開いて、プロファイルをインストールする

ダウンロードができたら、「設定」からプロファイルのインストールを行います。

「パスワードの入力」では、メールパスワードを入力します。

メールパスワードが分からないときは

パスワードが分からないときは、マイページ内のご契約内容照会から参照できます。

メールアドレスを変更するときにメールパスワードも同時に変更できましたが、プロファイルをインストールする時に使います。

Sparkの設定

使用しているメールアドレスが複数あるので、メールの管理はSparkで行っています。

Sparkでmineoのメールを送受信できるようにしていきます。

Sparkを開いて、設定からアカウントを追加する

Spark内で左上のメニューを開くと「設定」があるので、「メールアカウント」→「アカウントを追加」→「個人メールアカウント」と選択します。

アカウントを手動で…を選択するとアドレスとパスワードを入力する画面が出てきます。

ここで「mineoのメールアドレス」「メールパスワード」を入力しますが、それだけではログインできませんでした。

「詳細設定」から受信、送信メールサーバーの欄に入力する

受信サーバー:imaps.mineo.jp

送信サーバー:smtps.mineo.jp

送信サーバーのポート番号:465

セキュリティをSSLに変更するとログインできました。

ログイン出来たら、名前を設定して、「完了」を選択します。

Wi-Fi接続していないか

設定できないときは、Wi-Fi接続していないかチェックするとよいかもしれません。

まとめ

今回は楽天モバイルとmineoのデュアルSIMを設定しましたが、楽天モバイルと他の格安SIMのデュアルSIMでも、基本的に設定する内容は同じかと思います。

契約する回線が増えるとアカウントやメールアドレスが増えて管理するのが大変ですが、安いので良しとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA