追加CSSで「何かうまくいかなかったようです。」のエラーが出るときの対処【WordPress】

困っている人
困っている人

WordPressのカスタマイズをしてたら、「何かうまくいかなかったようです」ってエラーが出たけど、どうしたらいいの?

こんにちは。

WordPressのカスタマイズをして追加CSSを貼り付けたときに

「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」

というエラーが発生しましたが、解決できたので説明します。

本記事の内容
  • 「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」のエラーがWAFに原因がある場合の解決法

エラーの内容

何かうまくいかなかった、ってふんわりしててカワイイ

WordPressテーマのカスタマイズ画面から、CSSを貼り付けて更新しようと公開ボタンを押したときに上記のエラーが出ました。

書いてある通り、時間を置いて何度かボタンを押してみますが変わらないです。

何かうまくいかなかったようです。というエラーの原因

調べてみると、このエラーが出る時はサーバーのセキュリティ設定が原因になることが多いと分かりました。

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)というセキュリティが機能しているために、カスタマイズでエラーが起こっていました。

“WAF”(Web Application Firewall)とは、文字通りWebサイト上のアプリケーションに特化したファイアウォールです。主に、ユーザーからの入力を受け付けたり、リクエストに応じて動的なページを生成したりするタイプのWebサイトを不正な攻撃から守る役割を果たします。一般的なファイアウォールとは異なり、データの中身をアプリケーションレベルで解析できるのが特徴です。

解決方法

サーバーの管理画面からWAF機能をOFFにした状態で、WordPressのカスタマイズを行えばOKです。

以下に、ConoHa WINGでWAF機能をOFFにする方法を説明します。

ほかのレンタルサーバーでも、WAF機能をOFFにすることができるようです。

管理画面にログインして、「サイト管理」をクリック

「サイトセキュリティ」を開いて、「WAF」のタブを開く

WAFの「利用設定」をOFFにする

カスタマイズが終了したら、「利用設定」をONに戻しておく

セキュリティ対策のために、WordPressのカスタマイズが終了したらWAF機能はONに戻しておくのがよいでしょう。

WordPressの管理画面からWAF設定を変更できました

ConoHa WING コントロールパネルプラグインがインストールされていれば、ConoHa WINGの管理画面を開く手間が省けます。

WordPressの管理画面からWAF機能を変更することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA